ぜーんぶ同じ

人の人生は、二つの行動の繰り返しである。

喜び、幸せを感じられることや、楽しい経験 を求める動き。

もう一つは、悲しみ、苦しみ、辛いと感じる経験を出来るだけ避けようとする動き。

この両方へ向かう行動が繰り返されているのが人の人生。

幻想の私にとっては、この現実がすべて。

だから、一つ一つの経験に重み、重要さがうまれる。

しかし、実は、これは表面的に起きている現実。

ライフは手品師!

なぜなら、誰もどこにも向かっていないから。

そして、本当は、喜びも苦しみもぜーんぶ同じ☺️

幻想の分離がきえたとき、それまでもずっと、すべては永遠の愛の表現だったと

何かがきづくだろう。

much love, xx

京都三千院の季刊誌

今年、3月に発行された、京都三千院の季刊誌の特集で、

「非二元と言うこと」というタイトルで、

三千院門主堀澤祖門さんが 私の本「すでに愛の中にある」

を20ページにわたってご自身で解説してくださいました。☺️

会員さま向けの雑誌で、なかなか手に入らなかったのですが、

このたび三千院様の許可を得て、私のHPで誰でもダウンロードできるように

なりました。祖門さんがわかりやすくとても丁寧に、解説してくださっています。

ダウンロードはサイトのNEW からです。→ already in love

とても素晴らしいので、是非、ご覧ください!

with lots of love

菜穂

 

 

スターピープル VOL 59発売!

おはようございます!

今朝のパリは、一日中雨の様子。☺️

さて、5月31日に、スターピープル VOL 59が発売されました。

今回の特集は、「不生不死」についてです。

お医者様の伊藤先生と私の対談記事が掲載されています。

数多くの生死に関わってきたドクターの「不生不死」に対する見解は

とても興味深いものがあると思います。

実際は、誰も生まれていないし、死なない!本当だよ☺️

このことが、広く伝われば、人類がもつ根底にある恐怖は、姿を消すかも知れませんね。

こちらから、お買い求めできます。↓

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4864512035/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4864512035&linkCode=as2&tag=naturaspiritc-22

with much love ♡

菜穂

SP59

よりどころ

人は、何か心のよりどころを必要とする。

パートナー、子ども、友人、先生、マスターと呼ばれる人たち・・

人によっては、お金だったり。笑

それは、幻想の私は、何かに頼りたいし、掴まれるところがほしい。何かで安心したいから。

これは、悪いことではないけど、本当はどこに居ても、何が起きていても、

何も必要ない完全な愛の中につねにある。

このことが自然と明らかになったとき、「よりどころ」はよりどころではなく、

ただただいとしい、あるがままの存在として眩しくうつるだろう。

 

 

☆お知らせ☆

個人セッションは、残りが福岡の数枠だけになりました。

沢山のお申し込みありがとうございました。とっても楽しみです☺️

サットサンは、時間が短くなった分、値段も以前の半額以下になっています。

みんながどんどん消えて、(笑)真の自由がどんどん明らかになることにとても

ワクワクします。

サットサンは、すでにある真の愛をシェアーする場です。

リラックスしておこしください♡

お申し込みはこちらからです。→ already in love 

with lots of love

菜穂

☆お知らせ☆

おはようございます☺️

7月のサットサンと個人セッションの受付を開始しました!

今回は、東京、名古屋、大阪、九州へ行きます。

九州では、初、ランチ会もあります。とっても楽しみ。☺️

申し込みは こちらから → http://alreadyis.com お願いします。

皆さんにお会いするのを楽しみにしています。♡

with love,

菜穂

☆お知らせ☆

7月のイベントとプライベートトークの申し込みが、

明日30日の朝から始まります。

申し込みは、サイト  のスケジュールからです。

Already in love

夏にまたみんなに会えるのをとてもたのしみにしてます。♡

with lots of love,

菜穂

Screen Shot 2016-05-29 at 16.57.49

あたりまえ

幻想の私は、

あたりまえにそこに存在していると思っている。

あたりまえに次の瞬間があると思っている。

あたりまえに自分と周り、自分と世界があると思っている。

あたりまえに過去も未来もあると思っている。

あたりまえに思考も感情も自分のものと思っている。

でも、それは本当? それは、どこまで確かなものなのだろうか?

確かさはどこにもない。

全てが消えたとき、永遠に知ることができない愛の謎だけがのこる。

love from love