葛藤

沢山の幻想の私は、葛藤を持ちながら生きている。

葛藤は、表面的本意と、合わせなくてはならない現実との距離。

そして、人は沢山のアイディアの中、決まりの中で生きている。

それらが当たり前に存在していて、当たり前に正しい、真実、そう決まっている。

と思い込んでいる。そこから葛藤が生まれる。

しかし、これしか正しくない。これしか真実でない。これしか道はない。

「こうでなきゃならない。」なんてあり得ない。

なぜなら、実際は起きていることにまったく意味が無いから。

社会的ルール、風習さえも、元々は、個人のアイディア。二元の現実は、全てが実際は個人的。

全ては概念と言う、起きていることに対する後付けであり、社会が作ったルールにすぎない。

そして、それを分かりつつも、自分を抑え、決まったルールに合わせることをやめられない、「幻

想の私」がたくさんいる。

それには、自分の望みを優先するよりも、ルールに合わせている方が、わたしにとって、都

合が良く、安全であり、一定の幸せは保たれると信じているから。

しかし、すでに起きていること(ナチュラルな望みや、真に求めていること)よりも、後付けの概

念を優先し、社会の概念やルールに合っていない自分は十分でないと言うところを強く感じ、世界

中が唯一求めている、不満足、足りない感覚の終わりとは、全く逆のことがすでに起きている。

 

葛藤や苦しみはは、起きていることと、自分との距離。 距離の無いところには苦しみは存在しない。

つまり、涌いてきていることと、そこには合わせないとならないこととのギャップ、距離がある。

ここでいっていることは、良い悪いではないし、どちらが正しいということでもない。

もしおきていたとしたら、それさえも起きていること。

そして、実際は、起きていることと、距離のある存在はない。

ただ、求めていることは、「幻想の私」の表面的、概念的幸せではなく、ナチュラルにわいてくる

ことそのもの。

距離の無いところには、苦しみは存在しない。

much love from love

Advertisements

One thought on “葛藤

  1. tomoko

    そうだったのか!
    って、何かが言ってる(^-^)
    私のモヤモヤの原因が、もしかしたら、菜穂さんのこの説明な気がしてきた!

    Liked by 1 person

    Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s