行為者はいない

ラメーシュバルセカールの教えの基本に、

「There is no doer」「行為者はいない。」

と言う言葉がある。

まさに、「解放」は、行為者の終わり。

そんな中心はどこにもない。

ただ、行為者がいないのと、表面的行動は全く関係ない。

そして、自分が行為者だと思っている存在は、つねにではないが、

いろいろなことで苦しむみ、様々な問題を抱えている。

自分がやっているために、間違えれば、後悔し、相手が間違えれば、相手を攻める。

将来に対する不安や、全てに対する責任も 自分でどうにかしないと行けないとおいう、

自分が行為者だと言うところからくる。

そこから、表面的に 深刻さ、争いや、精神的病気、いろいろなことが引き起こされる。

そして、この深刻さ、沢山問題を抱えた部分だけが、疑い用も無い現実になっていく。

行為者はどこにも居ない。だから、本当は苦しんでいる存在もないけど、

表面的には、そこが現実として捉えられる。

行為者の終わりは、無条件の愛そのものだけがのこる。

あるのは、すでに起きている全てだけ。

so much love from love

 

Advertisements

2 thoughts on “行為者はいない

  1. アイコ

    こんにちは(^-^)

    質問なのですが、本当は行為者なんていないのだとしたら、なぜ「自分が行為者」という思いが出てくるのでしょうか?

    菜穂さんのブログを拝見していると、「私」は、百害あって一利なしに思えます。何も問題ないところに、なぜわざわざ不自然な苦しみの元を作る?と不思議です。しかも、こういうお話を聞いても、それが消えないなんて。
    「私」があった方が都合がいいこととか、あるんでしょうか?

    Liked by 1 person

    Reply
  2. サコ

    菜穂さん💕
    いつもメッセージありがとうございます。
    菜穂さんのメッセージはシンプルなことをシンプルに伝えてくれるので、「私」も起こってることに気付けました。
    すべてはただ起こっている😊
    大好きです😍
    菜穂さんに会える日を楽しみにしてます!
    福岡にも来て下さい✈️

    Liked by 1 person

    Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s