究極の自由

究極の自由は、どんな状況や環境にも全く関係ないし、影響されない。

そして、どんな時も、つねに平等に与えられている。

究極な例で言えば、美しいビーチを大好きな彼と歩いていても、

牢屋にひとり、監禁さられていても、

同じ自由が平等にあり続けている。

まさに、究極の自由。

勿論、どちらかを選べたら、美しいビーチを誰もが選ぶだろう。

ただ、究極の自由は環境や状況に関係なく、全てに平等に与えられている。

ストーリーは、何時も平等ではないが、ナチュラルな現実は、常に全てに平等にあり続けている。

Advertisements

2 thoughts on “究極の自由

  1. Ali

    今までの人生のストーリーを振り返ると、究極的な悲しみの中にいるはずなのにどこかで変わらぬ静けさを感じていたり、熱狂を感じている最中でもふと何も起こっていないような平凡な感覚になったりして、その直後に”我にかえった”ようになることが時々あったのですが、あれこそが「これ」で「自由」だったんだなぁって、今ならわかります。
    そして「これ」はいつでもここにあるんですよね。本当に、平等で、永遠の、自由。

    Liked by 1 person

    Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s