本『すでに愛の中にある』の質問。

Q194ページ…
「起きていることがあるだけです。」は、いまの私にはOKなのですが…

196ページ…
「実際は何も起きていないのです。」を読むと、一挙に???になってしまっています。
どうもしっくり来ません。

菜穂 196ページ…「実際は何も起きていないのです。」は、理解ではなくて、描写ですよ。☺️

普通「わたし」は自分が確実に存在することをうたがいません。

真の意味で、私が存在しないことがわからないのです。「わたし」がそこにいると

全てがあまりにもリアルにだけ見えてしまうのです。でもあるのは、起きていて起きていない全体しか無いのです。

Advertisements

One thought on “本『すでに愛の中にある』の質問。

  1. いつも拝見してます

    いつも更新楽しみにしています。
    「すでに愛の中にある―個人のすべてを失ったとき、すべてが現れる」読ませていただきました。
    その中で菜穂さんは「私(分離した)」は収縮したエネルギーと表現されていましたが、
    他の覚醒者の中には「私(分離した)」は私という思考だと表現しています。
    「収縮したエネルギー」と「私という思考」の違いが分かりません。
    どのように理解したらよいのでしょうか。

    Liked by 1 person

    Reply

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s