憎しみ

怒りは、瞬発な感情。憎しみは、ストーリーを真実として受け止めた、時間の中の感情。

主体客体の現実には、憎しみ生まれることがある。それは、他人の行動がその人の自由意志から

きていると信じているから。そして、他人の行動のせいで自分が犠牲になったと感じるから。

でも、自由意志と選択はどこにも存在しない。

世界中の人の行動が、たったひとつの同じ空間から現れていることを見たとき、

憎しみという感情は、姿を消すだろう。。。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s